何らかのレクリエーションをする機会があるときに、外での活動が転校などにより中止になったという場合や、もともとレンタルスペースなどを借りて行なう予定であるという場合には、屋内レジャーとなるようなものを用意できるようにすると有意義な時間をすごしやすくなります。
人数によっても有効な遊びは変化していきますので、効果的なものを選択できるようにしていくことが重要になります。カードゲームなどのものは古来から屋内レジャーとして親しまれてきたもののひとつといえます。かるたやトランプ、花札などの伝統的なものや、大人数で行なうもの、トレーディング制のものなどさまざまな種類があります。それぞれに固有のカードを持つことが必要になるタイプのゲームをするというときには、あらかじめそれを持っている人で集まるときに機会を設けると有効です。
まったくの初心者などもいる場合には、参加できるようにいくつかセットを作っておくといった工夫も必要になります。
ゲームの行ない方として、大人数の場合にいっせいに行なうという方法や、ゲームごとの人数に分けて何度か試合を行なっていく形にするというものがあります。百人一首などをする場合には、人数の半分のセットを用意して人を入れ替えていくというようなやり方です。実力などが伯仲している場合には、ランダムな入れ替えでも有効なものになりますが明らかな差があるときには互いに楽しむことができるように近似の能力になるようにちょうせいしていくことが効果的です。
四人一組のゲームを行なうときなどの場合には、一位から四位まで点数をつけていき、合計点から順に新しい組を作成していくというようなものです。
このやり方の場合には、総合点で優勝が決めやすくなりますし、極端な実力差などが発生しづらくなるという仕組みになるため多くの人が楽しみやすくなるという利点があります。
規模によって適切な運用をすることが、みんなで楽しめるようにするためのコツといえます。